Just another WordPress site

希望の時給価格で応募

希望の時給価格で飲食店の求人に応募するには

最近外食産業では深刻な人手不足によって、深夜営業を中止したり、店舗数を減らしたりする会社が増えています。飲食はアルバイトをするのには厳しい環境であると思っている人もいます。クレーム対応や厳しい注文をつけるお客さんがいたり、洗い物によって手が荒れてしまうなど、長く続けるのが困難になることもあり、そういったイメージがメディアを通して広まってしまっているためです。

外食産業の人手不足はたびたびニュースでも大きく取り上げられています。都心部でさえ求人に対して応募人数が少なくなっており、時給価格を大きく上げている会社もあります。そのような飲食業界で働くにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

飲食店は小さいお店から上場しているような大きな会社など、さまざまあります。求人を出している会社によっても条件がかなり違っているため、どこで働くかによってその後の継続できる可能性が違ってきます。大きい会社の求人に応募するメリットは、雇用制度がシステム化されている点です。評価も平等であり、公平な目線で成長を判断してもらえます。できる仕事が増えれば時給価格も上がるため、より効率的に稼げるようになります。個人経営など小規模の飲食店の場合は、シフトに融通が利いたり自由なスタイルで仕事ができるお店が多くあります。より人間関係が重視された環境になることが多く、従業員同士も仲が良くなりやすいタイプのお店です。

高級路線かどうかによっても変わってきます。単価の高いお店であれば質を求められることになり、より丁寧な仕事が求められます。一方、低価格の飲食店では、回転率が重視されます。そのため少人数で仕事量が多いという特徴がありますが、少人数で回すため時給は比較的高くなる傾向があります。

飲食店に関わらず、夜10時以降のアルバイトは時給が25%アップします。これは労働基準法によって定められています。飲食店は深夜営業をしているところが多い業界なので、短時間でたくさん稼ぎたい場合には大いに利用することができます。基本給が上がれば上がった分に対しても25%プラスになるので、昇給すると深夜の時給もどんどん高くなります。

外食産業は人手不足に悩んでいますが、良い環境のお店で働くことができれば、とても効率的に儲かり、人ともつながりやすい環境です。またまかないで食費を浮かすことができたり、余ったものをもらえるようなお店もあります。未経験者も積極的に募集している業界なので、学生や主婦がアルバイトをするのには適した環境です。