Just another WordPress site

衛生と料理の基礎知識

飲食店における衛生と料理の基礎知識と求人の重要性

飲食店では食材を仕入れて、それらを調理しお客様に提供するのが基本的な流れであります。飲食店といっても小さなカフェや小料理屋、居酒屋から高級料理店まで多種多様なジャンルが考えられます。そしてどのジャンルにも共通して言えるのが、その道に精通している人材が必要であるということです。

飲食業において最も必要とされる知識の一つに衛生管理があります。食に関わる人間として、何よりも大切なことは、衛生管理の大切さを知り、業務の中でそれを習慣化することが何よりも大事です。お客様を満足させるということの大前提として人の健康、そして生命をも預かる大切な仕事であるということを強く認識しなければなりません。飲食店では万が一食中毒が出てしまえばもはや死活問題となりかねません。それを防ぐためには普段から衛生に対する知識を高める努力をし、従業員全員で衛生管理を徹底させることが大切です。

そして次に、専門的な知識を持った料理人やサービスマンを雇うことです。このような人材がお店の核となり、売り上げに大きく関わることは間違いありません。料理人であればそのジャンルに対して深い知識を持ち、そして常に向上心を持っている人材が良い人材と言えるでしょう。そしてそれだけではなく、収益に大きくかかわる仕入れをコントロールし、原価管理もしっかりできる人材でなければなりません。昔のような職人気質を持った頑固で起伏の激しい人はもはや時代遅れといえるでしょう。

現代、必要とされるのは料理はもちろんのこと、数字の管理もできて人材の教育もできる柔軟で知的な人ではないでしょうか。
また、サービスマンでいえば身だしなみを整え、清潔感のある人材が最低限の条件です。そしてお客様に安心していただけるな屈託のない人柄が最良です。

そして企業側はそのような人材をどのように求人し、雇用するのかが飲食店を成功させるカギとなります。求人をかける際には、初めの印象は親しみやすさが大事です。求人の時点ではまず、興味を持ってもらえなければなりませんので、初めからハードルを高くしてしまうとなかなか応募してもらえません。面接までたどり着けなければ求人をかける意味がなくなってしまうので初めは柔らかいほうがよいでしょう。

そして面接時には最低限の条件をあらかじめ設定しておくことをお勧めします。企業側にとって利点がなければいくら人材不足でも妥協してはいけない部分です。しかしながらあまりに窮屈で過度な条件ですとなかなか採用までたどり着くのが難しくなります。最終的な判断は人柄かもしれません。