Just another WordPress site

ひげ不可が多い

飲食店の求人でひげ不可が多い理由

アルバイトといえば皆さんはどういった職種が思い浮かぶでしょうか。多くの方が飲食店でのホールやスーパー・コンビニの店員が浮かぶと思います。
しかし、それらの職種は身だしなみにとても厳しい職種でもあります。中でも特に厳しいのが飲食店でしょう。
飲食店の求人を見ると多くの場合が特にひげに対して不可となっています。ではなぜ飲食店では特にダメなんでしょうか。

まず一番の理由として挙げられるのが、清潔感を感じないからでしょう。
飲食店はもちろんですが、接客業で一番重要なのは清潔感です。
清潔感のない店員さんに接客されるとそれだけで不快な感じがして、お店の印象も悪くなりますよね。
ここ数年、ファッションとして利用する男性が増えたようですが、ファッションとして認められるようになったのは最近のことで、多くの人々から不潔なものとして認識されています。

飲食店は食品を扱っている分清潔でなければなりません。
不潔な印象を与えてしまう従業員が一人いるだけでそのお店の印象は悪くなり、衛生面などの信用も落ちてしまいます。
そうなった場合、客足が途絶えてしまうのも時間の問題でしょう。
それを求人情報の段階で回避するのはとても重要です。

また、顔には多くの菌が潜んでいます。
ひげを生やすことによって顔に潜んでいた菌達が繁殖しやすくなり、不衛生です。
一見菌が繁殖することと仕事はあまり関係のないように感じますが、もしふとした瞬間に顔に触れてしまい、その触れた手で食品に触れてしまった場合、ひげに繁殖していた菌がお客様に提供する予定の食品にもついてしまい、お客様に不衛生なものを提供してしまうことにもなりかねません。

また、繁殖しやすい菌の中には「黄色ブドウ球菌」という食中毒の原因にもなる菌も存在します。
この黄色ブドウ菌は、熱に弱いので熱すると菌自体は死にますが、死んだあとも毒性が食品に残ったままになってしまいます。
つまり、熱してもあまり意味がないんですね。
そしてその食品がそのままお客様に提供されてしまえば、大事故になってしまいますよね。
そんなことになってしまってはいけないので、求人情報の段階でリスクを回避しているのです。

最近、男性特有のファッションとして受け入れられてきたひげですが、飲食業界で受け入れるには少し問題が大きすぎるようです。
一部ではOKしているお店もあるようですが、なかなか全ての飲食店でとはいかないようですね。
飲食店で働いてみたいと思っている男性のみなさん、ひげには特に注意してみたらいいかもしれません。