Just another WordPress site

清潔感を大事に

飲食店の求人なら清潔感を大事に

どの面接に行ってもなかなかうまくいかないといったひとにおすすめなのが「飲食店」の求人です。飲食店はハードなため、人手を必要としているところも多く、採用が決まりやすい職業です。たとえば、飲食店の求人といってもチェーン店の多い居酒屋やカフェなどいろいろなところがあります。
ですがハードルがそう高くないはずの飲食店の面接に、なぜか何度も落ちてしまうひとがいます。

飲食店といったところが実はポイントで、面接に抑えておきたい要点というのがあります。
飲食店に限らず、面接には第一印象といったものが大きく左右しますが、飲食店では「清潔感」といったことをポイントに置き、面接に挑むようにします。
面接官がまっさきにチェックするのが服装です。
よく飲食店だからとラフな格好、ダボダボなジーパンや派手なシャツといったもので面接にくるひとがいますが、派手なデザインのものやダメージ仕様のジーパンなどは向きません。

普段着が悪いわけではなく、だらしなく見えてしまう点が印象の悪さを与えてしまいます。
カジュアルなお店の場合は、そう気にする必要はないような気がしますが、普段着であっても、服装はシンプルで清潔感があるほうが好印象にみえます。
また、だらしなくみえてしまうものには、ピアスやネックレス、ブレスレットといったアクセサリー類も含まれます。
働く場合には、そういったものはむしろ邪魔になるため、不必要なものに見えてしまいます。

小物は最小限にし、できれば外しておくのがおすすめです。
ほかにも、清潔感を左右してしまうのが、髪型です。
髪型はボサボサといった不潔にみえる頭はもちろんのこと、派手に染めた髪といったものもNGです。
女性の場合は、キツイ香水や濃いメイクなども飲食店には向かないと判断されることがあります。

香水はできれば軽いものか付けない、メイクはナチュラルメイクにしましょう。
服装以外では、面接では元気のよいはっきりとした受け答えをするのがよく、ここも相手に好印象を与えるポイントとなります。
接客はもちろんのこと、裏方であっても元気な挨拶ができることは基本です。
飲食店での求人に求めていることは、そういった基本的なことプラス、じつは「清潔感」なのです。

お店のイメージといったもので清潔なことは外せません。
清潔感といった印象をアピールすることで経験がないひとでも、採用されるチャンスが生まれます。
男性であれば、白シャツや色の薄いブルーなどのカラーのシャツにジャケットなど、シンプルで好感を与えるものを着るのがおすすめです。
ぜひ参考にしてみてください。